2006.03.18

ストーンズ、キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!

stones_ticket
昨日JCBをネタに皮肉エントリーを書いたが実際来てみるとそんなことはどうでもよくなってくるのがファン心理。
おおおついに北の大地に初めてキースが足を踏み入れると思うとにわかに興奮状態の僕。

僕のチケットは札幌ドームアリーナのF-10ブロック169〜174番なのである。
ここをみるとFブロックはBステージのかぶり付きなのである。
A Bigger Bang World TourのシドニーメルボルンをみるとBステージが作られるのはほぼ間違いない。
札幌ドームのイベントスケジュールによると、26日はファイターズの試合があって、ってことは結局、2日間で準備する。その間、ドーム内にあるお土産屋とかカフェとかは10時〜18時まで通常営業しているから、ステージ建設の様子を見られるかもしれないよね。半休とって前日の午前中、いっちゃおうかなと思います。それがジモティクオリティ!


JCBオンラインチケットセンターから配達記録郵便で送られてきたチケットの明細書。まぁメモ代わりにね。
stones_bill

受付日が3月7日になってる。先にきた「『ローリング・ストーンズ(北海道公演)』公演日変更のお知らせ」のチケット払い戻し受付期間締切日が2月26日。だから2月5日に先行予約が成功してから、抽選やり直したかもしれない。

あと、「んなことはドーデモいいけどね。」と思いながらヤフオクをのぞくとやっぱりデフレ基調。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.24

4月はライブ続きで金欠確定。

3月29日 ローリングストーンズ@札幌ドーム ¥18,000
4月1日  オーネットコールマン@キタラ   ¥6,500
4月9日  東京事変@北海道厚生年金会館   ¥6.500


それにしても東京事変とコールマンが同じ値段とは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.13

Mighty Mouse

mightymouse20050802
Mac史上はじめての2ボタンマウス。¥5,670。
一体型マウスなのに2ボタン機能がついてるのにはびっくり。タッチセンサーのしわざだ。
それから旧Apple Mouseの親指・薬指のところにもボタンがある。これはExposeを動作させるけど、けっこう力がいる。誤動作を防ぐためだろうか。

 それからなんと言っても目玉は他のマウスについてるクリックホイール機能を持つボタンだ。これが実に気持ちいい。かすかにクリック音がするのにはまたまたびっくり。

 まるで「女の子のアレ」みたいではないか。ウフッ。

 ホントにアップルはマジメ・オモシロイ・エロイ王道を行ってるなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.05.23

クレイジーケンバンド SOUL PUNCH 2005

tbs_titol
ZEPP SAPPORO 5775円。

文句なし。極上のエンターテインメントだ。
今更気づいたんだけど、ZEPP SAPPOROの1Fホールってステージに向かって傾斜ついているのね。
お陰で“B”だったんだけど気持ちよくみられました。
いままですごく前かすごく後ろでみていたので気づかなかった。

帰りに"8・9・3”と書いたTシャツ購入。ライブにいったらTシャツ買う、これ僕の趣味なり。
3,000円。
あとはZEPPで買ったビール2杯で1,000円。

帰りに友達がやってる居酒屋カッチで呑んで4,000円。

しめて13,775円なり。

思えば退院後一番最初に行ったライブがCKBだった。
総立ちの観客のなか体力温存のため最初は一人座ってた。
アンコールでいつのまにか立ってた。

CKBからもらったパワー。
priceless。

追記
居酒屋カッチはすすきのグリーンビル第一の7階にある。きどらずに飲めるカウンターだけの店。
おすすめメニューは永井勝哉ことカッチがつくるエスニックやきそばとささみの梅肉あえ。
おとくなビール券(4,500円で10杯)もある。一回行ってみて損はないよ。

banner_04

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.03.04

ドゥーブル・フロマージュ

Fromage_double1小樽洋菓子舗ルタオ 1,280円
 言っておくが、私は筋金入りの公私ともに認める「辛党」だ。スープ・カレーだって店で一番辛いののちょっと下をたべる(笑)。酒のつまみも塩からが大好物だ。

 だから、たまたま見た松紳@NTVで、これが一位になって、早速探しに行き、ロッカーミーハーを軽蔑する私がわざわざ買ったなどということは、お願いだから、内緒にしていて欲しい。

 まして、「2種類のチーズケーキが奏でる甘くて濃厚なハーモニーに釘付け」などと口が裂けてもいえないことをわかって欲しい。
 
 小樽の本店の他、三越・大丸・新千歳空港でしか買えないという事実も超極秘扱いだ。

それでも、ドゥーブル・フロマージュに興味のある方、自己責任(笑)でフンで下さい。http://www.letao.jp/

Fromage_double2

banner_04

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005.02.06

Honeywell HZ-910 カーボンミニヒーター

honeywellHoneywelといえばホームエレクトニクスからはたまた半導体まで手がけているアメリカ発の巨大電機メーカーだ。

 ウチはマンション暮らしで、しかも両隣上下まで、どうも専業主婦で一日中家にいるらしく、冬でも午前中には日が差すと驚くほどあったかいのだ。だから、リビングにある小さなガスのFFストーブで十分と言えば十分なのだ。

 だからこれは洗面所とか浴室とか、ちょっと寒いときに使う。カーボンヒーターだから急速に暖まる。
 しかも細長いから、置き場所にも困らない。首振り機能つきで、暖かくなりすぎない。これは買って良かった。
 ハロゲンヒーターの扇風機そっくりのあの図体がちょっと許せなかったので、アマゾンで探してこれだと思い、早速購入したところ不良品で、即刻返品して2台目。
 ほんとに今の電化製品は品質ムラが激しい。
 でもアマゾンの対応はメールで迅速に対応してくれたよ。

 残念ながら2月現在、在庫切れ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.17

昨日「北の零年」を見てきた。

komatsubara-tae ネタバレ注意!

 幕末から維新にかけて、淡路島の稲田家を巡り、開拓を夢見て時代の波に翻弄される武士たちの物語。上映時間2時間55分、豪華俳優陣を出演させた名実ともに大作。

 開拓することになった背景は、庚午事変(別名稲田事変)。淡路島に1万4500石をもつ稲田家。本来徳島藩なのだが、海防と勤王派の面でずいぶんと朝廷側を支えた。明治政府はなぜか当主は一等士族にしたが家臣たちは卒族にしかなれなかった。これを不服とした稲田家は独立しようと画策する。

 この動きを察した徳島藩は稲田家当主の家を焼き払い、多数の死者を出す。明治政府はこれを厳しく処罰し、徳島藩側の首謀者を死罪にしたり、流刑にしたりした。一方の稲田家にも北海道日高の静内の開拓を命じたことからこの物語は始まる。

 志乃(吉永小百合)は、淡路島にいるとき寝過ごし、娘に起こされて浄瑠璃に遅れそうになる、ある意味でおおらかな妻。それが静内に行ってからは、先に行っていた夫の小松原英明(渡辺 謙)に合うや否や、自ら持ったことのない鍬を持ち出して、畑仕事に精を出す。志乃は苦難に耐えれば耐えるほど、存在感を増してくる。この辺吉永小百合の演技力が光る。

 志乃と英明の一人娘多恵(大後寿々花・石原さとみ)の演技は健闘賞もの。あたし石原さとみのファン♥になります。多恵はひもじいのに文句一つ言わず耐えて、許嫁の死ぬ間際、「花を見たい」の一言を受けて、冬の大地に花模様の着物を裂いてつくったしだれ桜は本映画の前半のクライマックス。

 二年目の春、英明は当主の到着を今か今かと待ちわびる。そこへ当主が新しく静内にこさえた御殿に来て「廃藩置県が成立して、静内の地は、開拓府の直轄領として召し上げられる。」と言い残し、早々と御殿を後にする。
 呆然となる家臣たち。「君主などいらんわ!」と髷をばっさり切り落とす英明。そこへ「ええじゃないか」の大合唱。踏みつけられる手作りの浄瑠璃人形。浄瑠璃人形はたぶん忍耐を象徴している。

 札幌に行けば、寒冷地用の稲が手に入ると出かけていった英明を多恵が見送る。「田植えまで間に合う」といったのだが、冬になっても帰ってこない。

 開拓府の直轄地になって扶持米がでるようになった。が、稲田家一族は受け取ろうとしないのをいいことに持田倉蔵(香川照之)は一商売を思いつく。扶持米を一手に引き受け、稲田家を配下に置こうとするばかりか、志乃に言い寄る。と、アシリカ(豊川悦司)に助けられる。アシリカは謎のアイヌでどうやら妻と娘を亡くしたらしいのだが・・・。

 二年目の冬。志乃は多恵を連れて札幌に向かって無謀な旅をする。案の定雪の中で動けなくなっているところをアメリカ人に助けられる。その名はエドウィン・ダン

 五年後、馬をさっそうと駆る志乃。娘の多恵は大きくなって、未だ戻らぬ父を待っている。志乃の育てた馬で農業の生産性は著しく上がった。一方持田倉蔵は開拓府の静内出張所に徒長として赴任。稲田家の元家臣をあごで使っている。
 そこへ呼び出される志乃。西南戦争の官軍の軍用馬が足りず徴用しろとの命令。断る志乃。そこへ開拓府のお偉い役人が帰ってくるのだが・・・・。まだまだ後半にかけて見どころを書きたいのだがひんしゅく買うのでやめておこう。

 後は見てのお楽しみだが、石橋漣司、柳葉俊郎、石田ゆり子、吹越満、平田満が脇をがっちり固めている。脇役もぴたりとはまっている。志乃役を演じた吉永小百合は自身111本目の映画。60歳の齢にたっしたとは思えぬ、凛とした姿に不覚にも涙をぽろぽろ流して泣いてしまった。吉永小百合は遅ればせながらはじめてスクリーンで見るが、いい顔をしている。

 「北の零年」は、文句なく今年のベスト3映画にはきっとなるだろう。監督は今をときめく行定勲。岩井俊二作品(スワローテイル等々)で助監督を務め、セカチューで有名監督の仲間入り。「北の零年」では北の厳しい自然を情景を美しくも丁寧に描き、巨匠の第一歩を歩むことになるに違いない。これまでもこれからも目の離せない監督である。


*「御雇い外国人」エドウイン・ダンは、農業・牧畜のスペシヤリストとして1873年(明治6年)、25歳の時米国オハイオ州から来日。1875年(明治8年)5月、函館七重官園に約4ヶ月の長期出張。この間に札幌官園、新冠牧場を視察し意見書を提出、北海道畜産事業指導の歩を踏み出す。ここで津軽からきた「山田つる」を見初めて結婚し、ダンに日本永住を決意させた。

北の零年公式ホームページ

北海道新聞の「北の零年」特集
 

| | コメント (5) | トラックバック (16)

2005.01.12

ケーターハム スーパーセブン BDR

lotus 第3弾はこちら。田宮模型 ケーターハム スーパーセブン BDR 1/12 支払ったお金:14,553円。評価:★★★★☆。

 手先のリハビリになると思って大きい動きはドラムスで小さな細かい動きはプラモデルに取組中。1/24の田宮模型のポルシェとかアオシマのテラノ(自分の車)とか作っていたのだが、どうせ大人なんだし(笑)と思ってこれを買った。
 
 じつは自他ともに殺しても絶対死なないやつなんて言われてたんだけど、幼稚園・小学生・中学生の1年ごろまで小児喘息を患い、スキー学習の時に肺炎になったし虚弱体質でしょっちゅう風邪ひいてた。だから家で遊ぶことが多かった。部活にも入りたかったけど入れなかった。こんな僕の小学校・中学校の時の遊びアイテムがレコードとプラモデルでした。
 
 本物もキット販売(ただしアメリカ。日本では許可されていない。)がされていることもあり、基本的には全部の部費品はビス止めで7,8種類の時計のネジのようなビスがおびただしい。
 他にもボンネットはアルミ、モノコックフレームはFRP、マフラーはステンレス、幌はゴムとリアルさを追求。マニアには物足りないだろうが、なかなかどうして作りごたえがある。

lotus_makeだって11月に買ったのにまだここまでしか進んでないのだ。この分だと秋までかかるなこりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.11

スマトラ沖地震義援金

unicef 第二回目はスマトラ沖地震義援金。払い先は財団法人ユニセフ協会。支払ったお金=秘密。評価=★★★☆☆。(どんどん被害が酷くなり自分のしたことが果たしていいことなのか皆目見当つかないから。これはみんな一緒だよね)

 払わぬ正義より払う偽善、と言う訳じゃないけど私の義援金・寄付の基準は(1)行ったことがある。いわゆる一宿一飯の恩義ですな。(2)特に関心が高いところ。おおむね日本かな。・・・と取り立てていうほどのもんじゃない。これまで、寄付はちょこちょこしてきたんだけど、阪神大震災、米国連続同時テロ、バリ島、アフガニスタン、イラク、新潟、と行ったことがないのはアフガンとイラクだけだ。
 義援金の宛先、これには大いに悩むところ。(1)具体的な使途がわかること。(2)活動に信頼が置けること。
 ユニセフ協会が真の意味で信頼おけるところかどうかは、正直言ってわからない。ただ、継続して世界各国の貧しい国の子供達とかに支援しているし・・・。スーダン・バングラデシュ・イラク・アフガニスタン・アフリカとかね。
 R30さんの書いた記事ごとく冷静にできたらいいんだけど、私はあくまで自分の金だから、自分の興味・関心の赴くままといきたい。まして自分が収めた税金の使い道の関心に比べたら、目くじら立てるほどでもないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.07

Swissbit Victorinox

swissmemory何に金を使っているかということこそに、その人の本当の特質がわかる、と言ったのは誰だったかな、ということで始まります新カテゴリー"What's I Got,What's I Spent Money For..."
第一回目はこちら。
スイスのナイフメーカーのUSB Memory(128MB) 支払ったお金:9,000円 評価:★★★☆☆

 Swissbitはスイスのメモリメーカーである。そのメーカーがかの有名なVictorinoxとコラボして生まれたのがこの製品。最近電化製品・コンピュータ関連製品は会社が近くにあるのでビックカメラ札幌店がもっぱらだったのだが、ひょんなことでサッポロ・ファクトリーでVictorinoxの直営店を見つけ、急に「物欲」がわいてきて買ったものだ。他にリュックとチェーンを買った。リュックも優れものだった。
 今日日、128MBのUSBメモリだったら安いものだったら6,000円そこそこで買える。LEDライトとミニポールペンがついて3,000円UPだと考えてはいけない。これぐらいなら気に入ることがすべてだ。最近テロの影響でおもちゃのようなナイフまでお預け品になる。メモリー部分だけはずれるのがよく考えられている。容量UPも可能だ。ライトも付くしスパイ大作戦のようで、愉しくなる。
 

  • スイスビットのホームページ
  • | | コメント (1) | トラックバック (0)