« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006.02.10

純和製検索動力機関とはいかに。

こんな論理がなりたつのだろうか。.

 その検索エンジンをGoogle社とYahoo!社,Microsoft社という米国企業がガッチリ押さえてしまっている。この状況で本当に良いのだろうか,というのが今回研究会を立ち上げたキッカケです。
 Googleを使って,あるキーワードを検索して何万件というWWWサイトが引っ掛かったとしても,実際に表示できるのはそのうちの上位1000件だけです。
「PageRank」などの仕組みを使ってWWWサイトを公平に重み付けしているから問題ないという意見もありますが,悪く考えれば「この検索結果を日本のユーザーに見せるのは都合が悪いから隠しちゃえ」といった具合に検索結果を細工されても,我々には分かりません。

続きを読む "純和製検索動力機関とはいかに。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.08

地上デジタルでしょ。

ここ読んで、NHKの行く末が人事ながら心配になった。

 にもかかわらず日本政府は地上波デジタル放送を必死に推進し、NHKはNHKで視聴料不払い者に対してスクランブルをかけて、放送が見られないようにしようという議論までしている。時代錯誤もいいところではないか。そんなのは私に言わせれば19世紀の議論だ。

 スクランブルをかけようがかけまいが、地上波デジタル放送になった途端に誰もが無料で見られてしまうシステムが登場するだろう。それを防ぐにはどのみちコピーガードをかけておかなくてはならない。つまり、ディジタルで受信した人が、サーバーに貯めてしまえば、自らが配信元になることが出来るのである。どんなにコピーガードをかけても、打ち破る輩が出てくるだろう。上述のように今でもアナログ受信したものを海外向けにエンコードして流している人がいるくらいだから。


続きを読む "地上デジタルでしょ。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.05

まあ、こういうところじゃないかな。

ソフトブレーン・宋文洲会長の言葉

 小泉純一郎首相や竹中平蔵総務相が進めてきた市場原理主義や金融政策の問題点も露呈した格好だ。何でも市場に自由にやらせればいいという発想はおかしい。日本はこれまで少し規制してきたが、それが良かった部分もあった。ここで少し軌道修正をして、規制を強める部分は強めるべきではないかと思う。


続きを読む "まあ、こういうところじゃないかな。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護白タクを国が認めた。

今朝の北海道新聞

市町村の実費運送が可能に 道路運送法改正で  2006/02/04 21:18
 国土交通省は4日までに、介護が必要でバスやタクシーに1人で乗れない人や公共交通機関がなく車が運転できない過疎地のお年寄りらを対象に、市町村や特定非営利活動法人(NPO法人)などが自家用の車を使って、実費程度で有償運送できる新制度を盛り込んだ道路運送法改正案を決めた。
 少子高齢化や過疎化が進む中で、構造改革特区で進む福祉目的の有償運送を全国に広げると同時に、生活の足を市町村などの工夫で確保できるようにするのが狙い。今国会に提出、秋の施行を目指す。

続きを読む "介護白タクを国が認めた。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »