« 2005年8月21日 - 2005年8月27日 | トップページ | 2005年9月4日 - 2005年9月10日 »

2005.09.03

カトリーナ大惨事は人災?!

 JMM冷泉敦彦の今回のメルマガを読んで、アメリカの暗部という表現が、あながち間違っていないように思われた。ちょっと長いけど引用する。

続きを読む "カトリーナ大惨事は人災?!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.02

創成川アンダーパスとロッテ?

リンク: NIKKEI NET 北海道版.

札幌の道路改良工事 韓国ロッテ建設が落札

続きを読む "創成川アンダーパスとロッテ?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ああ、ニューオリンズ。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <米ハリケーン>ロック音楽家、ファッツ・ドミノさん不明に.

<米ハリケーン>ロック音楽家、ファッツ・ドミノさん不明に

 【ロサンゼルス國枝すみれ】ロイター通信によると、ハリケーン「カトリーナ」によって水没した米ルイジアナ州ニューオーリンズ在住のロック音楽家、ファッツ・ドミノさん(77)が行方不明になっている。ドミノさんのマネジャーは28日、ドミノさんに電話をかけて、避難するよう説得をしたが、ドミノさんは断り、妻と娘と一緒に自宅でハリケーンをやり過ごすと決めたという。ドミノさんの自宅があった地区は水没し、同日夜を最後に連絡がつかないという。
 ドミノさんは1949年、リズム・アンド・ブルース(R&B)の父と言われるデイブ・バーソロミューに見いだされ、「ファットマン」でレコードデビュー。ブギウギ・ピアノで知られ、50年代に「エイント・ザット・ア・シェイム」や「ブルーベリー・ヒル」などのヒットでR&Bの全盛期を築いた。後のロックミュージシャンにも影響を与え、ジョン・レノンも75年のアルバム「ロックンロール」でドミノさんの曲をカバーしている。

続きを読む "ああ、ニューオリンズ。"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.09.01

世界を股にかけてる気分♪

earth_desk日本に大型の台風?号が接近している。これ、30分前の僕のデスクトップ。

続きを読む "世界を股にかけてる気分♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.29

チーム・マイナス6%運動に思う。

リンク: 地球温暖化問題の歪曲.

大気中の二酸化炭素が増えると気温が上がるという「温室効果」は18世紀に発見され、この現象が存在することはほぼ間違いないとされている。しかし、気候が温暖化する原因としては、温室効果以外にも、火山の大噴火、太陽黒点の周期的変化、海流の変化など、いくつも要因があり、それぞれがどのような形で影響しあっているのか、今のところよく分かっていない。

 また気候が温暖化すると極地の氷が溶け、海水面を大幅に上昇させるという説も、否定する人がいる。否定派によると、温暖化はそれまで雪も降らないほど寒冷な極地に雪を降らせることにつながり、極地の氷は増え、海水面は逆に低下するという。

 人類が石油や石炭を燃やすことは、温暖化ではなく冷却化を助けているという説もある。燃焼によって大気中に放出される亜硫酸ガスなどの微細な粒子が太陽光線を弱め、地球が過熱するのを防いでくれているので、燃焼をやめたら温暖化は逆に進んでしまう、という主張である。(関連記事)

 このように地球温暖化をめぐる議論は、多分野にわたって諸説が乱立している状態だ。欧米のマスコミの最近の記事は「地球は異常に温暖化しているということで、すでに大多数の専門家の間で意見が一致している」とさらりと書いているものがよくあるが、これは間違いであり、政治的な意図を持った記事であると考えられる。そもそも科学的な真理は、専門家の多数決で決まるものではない。大多数の専門家の意見が一致したから、それが真理だというのは間違いである。ガリレオもアインシュタインも、当時の学界では全くの少数派だった。


続きを読む "チーム・マイナス6%運動に思う。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

自販機ブルース

リンク: 日本の自販機から資本主義の本質を考える.

日本を訪れはじめたころから、私は飲み物の自動販売機が大好きだった。24時間営業で、どんな通りにも並んでいて、往来を白い光で照らしている。昼も夜も置きっぱなしだというのに、壊されることも、お金を盗まれることも、立ち小便をひっかけられることもないのには感動した。私は、道という道にこのように便利なコイン式の販売機を置いておけるほど日本の社会が安全で安定していることに感心しただけではなく、そこで売られている飲み物にも心を惹かれた。砂糖控えめのジュース類やビール、緑茶といったものだ。

 日本では、米コカ・コーラ社の現地法人でさえ、『コカ・コーラ』や『ファンタ』だけでなく、缶やペットボトル入りの緑茶を売っている。添加物や砂糖は一切加えられていない、健康にいい本物の緑茶だ。この事実は、資本主義の本質について、何かを教えてくれているように思えた——資本主義は何も根本から有害であるとはかぎらないということだ。資本主義だからといって、商品に必ず砂糖や塩を過剰に入れると決まったわけでもないし、肥満の原因になるような飲み物を売る必要もない。

続きを読む "自販機ブルース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月21日 - 2005年8月27日 | トップページ | 2005年9月4日 - 2005年9月10日 »