« 2005年8月14日 - 2005年8月20日 | トップページ | 2005年8月28日 - 2005年9月3日 »

2005.08.27

チャーリーとチョコレート工場

見、見たい。 .

続きを読む "チャーリーとチョコレート工場"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.08.25

ニセコ町長、出る。

リンク: 北海道新聞 05衆院選道内の動き.

逢坂氏、きょう出馬表明 町議会に意向伝達  2005/08/25 13:49

 【ニセコ】三十日公示の衆院選で、民主党から比例代表道ブロックの名簿単独一位での出馬要請を受け、受諾の意向を固めた逢坂誠二後志管内ニセコ町長(46)は二十五日、成瀬勝弘同町議会議長ら十四人の町議全員に対し「民主党から要請を受けた。前向きに考えたい」と述べ、出馬の意向を伝えた。逢坂氏は同日中に記者会見し、出馬を正式表明する見通しだ。

続きを読む "ニセコ町長、出る。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

前々から気になっていたが、ついにここまで来たか。

 とある人のmixiの日記をみて、やってみたのが、google_mapこれ。




続きを読む "前々から気になっていたが、ついにここまで来たか。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.23

厚労省は罪深い。

リンク: NIKKEI NET:主要ニュース.

今年、初の人口減の可能性・予測より2年早く

 全国の市区町村に提出される死亡届や出生届に基づく今年上半期(1—6月)の赤ちゃんの出生数が、死亡者数を下回り、半年間で人口が3万1034人減ったことが23日、厚生労働省の人口動態統計(速報値)で分かった。下半期もこの傾向が続けば人口が初めて減少に転じる。政府の予測より2年早く「人口減少時代」に突入し、年金などの社会保障制度に影響を与えそうだ。

 厚労省統計情報部は「上半期の人口が減少するのは初めて。下半期は例年出生数が回復するが、1年間で人口が自然減になる可能性は否定できない」と話している。 (16:00)

続きを読む "厚労省は罪深い。"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

さっぽろ文庫 −電子本

 今日、なにげに札幌市のホームページをみてたら、さっぽろ文庫を見つけた。

続きを読む "さっぽろ文庫 −電子本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.22

景気や経済は、もはや日本全体で語るのは難しくなっている。

JMM、『村上龍、金融経済の専門家たちに聞く』【メール編:第337回】の経済評論家津田栄の言葉。

Q:624
 今月に入ってから、「景気は踊り場を抜けて上昇に転じた」というようなニュースや記事が目につくようになりました。これは、俗に言う「勝ち組」がさらに業績を伸ばしたのか、あるいは「負け組」が巻き返しに転じたのか、どっちなのでしょうか。
つまり「踊り場を抜けた日本経済」の「格差」は今も拡大しつつあるのでしょうか、それとも利益を上げる企業と豊かになっていく人びとがまんべんなく増えつつあるのでしょうか。

続きを読む "景気や経済は、もはや日本全体で語るのは難しくなっている。"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

手あかのついた、しかも間違った言葉を語るのはやめにしてほしい。

先週の「萬晩報」より。

「自民分裂」メディアのネーミングに異議あり
2005年08月20日(土)萬晩報通信員 成田 好三
■判断を誤る権力者とメディア
 時代が大きく変わろうとするとき、権力者の多くは判断を誤るものである。彼らに既得権益をもたらした旧体制が骨の髄までしみこんでいるからである。小泉首相と何十年も付き合いながら、首相の最終判断(解散・総選挙)を読み違えた綿貫氏や亀井氏はその典型的な例である。
 時代が大きく変わろうとするとき、メディアの多くもまた、判断を誤るものである。彼らもまた、旧体制が骨の髄までしみこんだ既得権益をもつ存在だからである。彼らが「自民党分裂」「刺客」「落下傘候補」といった、間違った言葉や情緒的で無責任な言葉を垂れ流す背景には、彼らの表面上の主張とは違う、旧体制と既得権益を維持したい願望があるからである。(2005年8月18日記)

続きを読む "手あかのついた、しかも間違った言葉を語るのはやめにしてほしい。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.21

我が選挙区は激戦?

リンク: 北海道新聞 05衆院選道内の動き.

道3区応援 上田札幌市長、荒井氏だけ特別 高橋知事、石崎陣営が要請  2005/08/19 13:01

 30日公示の衆院選で道内屈指の激戦区とされる道3区(札幌市白石、豊平、清田区)で、高橋はるみ知事と上田文雄札幌市長が自民党、民主党両陣営に分かれ、応援で「激突」することになりそうだ。北海道新幹線の札幌延伸など共通の政策課題で共同歩調が目立ち始めていただけに、周辺からはトップ2人の協力関係にひびが入りかねないとの懸念も出ている。

 3区は民主党の荒井聡氏と自民党の石崎岳氏が四回連続の対決となる。過去三回は荒井氏の二勝一敗で、前回はわずか二千九百票差で敗れた石崎氏が比例代表で復活当選した。今回も激戦は必至とみられている。

 共産党は新人の川部竜二氏が立候補を予定している。

 上田市長は、特定党派に偏らない「市民派」を掲げているが、「二○○三年の市長再選挙で選対本部長を務めた荒井氏だけは応援に行く」(市長側近)考え。この選挙で石崎氏を破った上田市長の応援は荒井氏にとって「勝利の象徴」ともいえ、陣営は二十二日の決起集会を皮切りに複数回の応援を要請している。

 一方の石崎氏陣営は高橋知事の応援を要請している。同じ森派の小泉純一郎首相や安倍晋三幹事長代理の応援も期待しているが、「郵政民営化関連法案に反対した造反組の選挙区に立てた対抗馬の応援が優先され難しい」(陣営幹部)のが実情。このため、世論調査で六割を超える高い支持率を誇る「はるみ人気」で票の上積みを狙う。

続きを読む "我が選挙区は激戦?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ムネオ再起働(原文ママ)!

足音が聞こえる。
「音量を上げて下さい。・・・・・・・・・」
「Please up to Volue(ママ)・・・・・・・」

続きを読む "ムネオ再起働(原文ママ)!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年8月14日 - 2005年8月20日 | トップページ | 2005年8月28日 - 2005年9月3日 »