« iPod nanoキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!! | トップページ | 今日は投票日♪ »

2005.09.08

被害が大きくなった原因をいわなければ。

 昨日の日経の社説。.ま、事故調査委員会の報告をもとにして、各紙社説は書いてあるとおもうけど。実際事故調査委員会の中間報告も見たけど、マスコミの報道も含めて隔靴掻痒の感がある。

 社会に大きなインパクトを与えた事故のとき、まず被害がなぜ大きくなったか報じて、社会に不安を及ぼさない努力が何よりも大事だと思う。
 JR線だけでも何万何千とカープがあり、その全てに「自動列車停止装置(ATS)の機能向上」をやらないと不安はなくならないのか。。。といった心配性の人が出てきそう。

 私の考えでは運転手の心理状態の究明は、当の運転手が亡くなってしまった以上、無理っぽい。すくなくとも最終報告では触れられないか、触れても数ある事故原因の一つに過ぎないと扱われる可能性が大きい。

 JRに限らず、列車事故は今後もいつかはかならず起こるという、いわば真理を突き詰めて考えると、被害規模に関して以下のことがいえそうだ。

ほぼ満員状態だったこと。
マンションがたまたまカーブの行く先にあったこと。

 なら、超過密ダイヤを組んでいる路線のカープの行き先に堅い構造物を置くな、という至極シンプルな対策方法が思いつく。
 まえに軽量化のために列車はずいぶんともろくなったことを事故原因のひとつのように言ったことがあるが、列車の剛性を上げることは今回のケースのような被害を軽減するために実は役に立たない。それは、車の事故を考えればわかる。時速100kmでカーブ突っ込んで事故起こすような車の剛性を上げたところで、車中の人は間違いなく死ぬ。むしろパッシブセーフティの一環でクラッシャブル・ボディを採用する車が今後とも増えてくる。

 たしかに僕も都市計画屋のはしくれ、撤去が簡単じゃないことは重々承知だ。でもJR全線の危険箇所を調査するときに周辺の建物分布をついでに調べることは可能だ。そこに機能強化されたATSを重点的に配置することならできるでしょ。これでずいぶん被害を少なくすることは可能なんじゃないか。
 それから、鉄道法や都市計画関連の法律を変えて、都市内の鉄道近辺の土地利用に制限を加えたらいい。この対策の効果は長期的にならざるを得ないけど。

 4,5ヶ月たって事故調査委員会の中間報告がでた。たぶん最終報告書は年度末くらい2007年にでると聞く。その時は被害者及び被害者の関係者を除き、関西の人以外は気にもとめないだろう。それはたぶん至極専門的になって一般の人(マスコミも含めて)わけわかんない報告書になると予想されるから。熱しやすく冷めやすいのは日本人のDNAみたいなものだ。それに抗うために僕はblogを書いているのかも知れないが。


banner_04

|

« iPod nanoキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!! | トップページ | 今日は投票日♪ »

コメント

夏さんへ
>根本原因はJR西の体質にあると思っています。
JR西の体質が本当に根本原因でしょうか。じゃJR東海・JR北海道や九州とどう違うんですか。論理的に説明してください。そもそも根本原因とは何に対する原因なんですか。

投稿: akiller | 2005.09.09 21:43

んちばさんへ
>人々の暮らし方、生き方、働き方といったような観点の考え方を変えていく必要もあるのではないかと思います。
どうやって変えるのですか。公共公益的な交通機関ですよ。言い換えると、猫も杓子も利用するJRですよ。現実的に被害を減らす方向に考えなくてはいけないのではないですか。

投稿: akiller | 2005.09.09 21:40

ハード面の安全性を考えていくことはもちろん重要ですが、人々の暮らし方、生き方、働き方といったような観点の考え方を変えていく必要もあるのではないかと思います。
過密ダイヤや無謀な運転を生んでいる遠因は現代人のせっかちな生き方にもあると思うのです。
利用する側も、運行する側も、ひいては周辺に住んでいる人々も、短期的な利益(早く目的地に着きたい、右上がりの利益を上げたい、より豊かな都会に住みたい)にとらわれて過ぎじゃないかと思うのです。
一番シンプルな解決策は、過密運転を無くしてしまうことだと思います。住んでいる人たちには受け入れにくいことでしょうが、そうなればなったで暮らし方は変わっていくものだと思います。
事故報告とは観点が異なるので触れられることは絶対にないと思いますが。

投稿: んちば | 2005.09.09 07:04

 記事を読ませてもらいました。

>カープの行き先に堅い構造物を置くな
>列車の剛性を上げることは今回のケースのような被害を軽減するために実は役に立たない

 根本原因はJR西の体質にあると思っています。色々批判されていますが、カーブに構造物があろうと、電車の強度が弱かろうと、「運転が乱暴」という前提を見直すことが重要だと思います。

投稿: | 2005.09.09 01:54

拙稿へのTBありがとうございます。確かに日本では線路間際まで住宅等が密集しているケースが多く、都市計画から考え直さなくてはならない問題なのでしょうね。

Primera

投稿: Primera | 2005.09.08 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/5845518

この記事へのトラックバック一覧です: 被害が大きくなった原因をいわなければ。:

» 脱線事故中間報告 [Graf通信]
国土交通省より、5月の脱線事故についての中間報告が発表されました。 西日本旅客鉄道株式会社福知山線列車脱線事故に係る鉄道事故調査について(経過報告)(PDFファイル) 資料にはいろいろなことが書いてあって、科学的に分析した図表等も多数添付されているのですが、自分にはよくわからないというのが正直な感想。しかし、全体として運転手のミスによるスピードオーバーが最大の原因と位置づけているのはわかります。 国土交通省が運転ミスを中心に考えていることはここからもわかります。 西日本旅客鉄... [続きを読む]

受信: 2005.09.09 06:41

» JR脱線事故 中間報告 [=社説は語る=]
『読売新聞(05/09/07)』 福知山線事故-残された異常運転の背景解明  兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会が、北側国交相に中間報告を提出した。  報告によると、問題の電車は、制限時速を40キロ以上も上回る115キロ前後の速度で、事故現場のカーブに進入した。現場手前の駅では、ホームの停止位置から70メートルもオーバーランしていた。  これらは、すでに明らかになっていたことの確認だが、運転士がカーブ直前など2か所で約40秒間、全くブレーキを掛けていな... [続きを読む]

受信: 2005.09.09 21:54

« iPod nanoキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!! | トップページ | 今日は投票日♪ »