« 自民党大勝・既得権益層はまだまだある。 | トップページ | リタ、米国本土に上陸。 »

2005.09.17

なんとも民主党らしい結果だなぁ。

リンク: asahi.com: 民主党新代表に前原氏、2票差で菅氏を破る 党代表選�-�政治.

民主党新代表に前原氏、2票差で菅氏を破る 党代表選

総選挙大敗を受けて辞任した岡田代表の後任を決める民主党代表選が17日午後、東京都内のホテルであり、党所属国会議員(194人)による無記名投票の結果、前原誠司氏(43)が菅直人氏(58)を破り、新しい代表に選ばれた。

 投票総数は192。得票は、前原氏が96票、菅氏が94票、無効2票だった。

 当選後のあいさつで前原氏は「国民から期待されながら選挙で敗れた。信頼を回復して、民主主義を機能させる責任は大きい。挙党一致態勢で国民の負託に応えたい」と述べた。

横路も小沢も鳩山も管を推したはずなのに、この結果。
前原誠二のホームページに「まず強烈な自己反省からー既得権との決別」と。


■ 民主党の原点は、
   ・族政治
   ・派閥均衡
   ・既得権益
   ・官僚的機構主義
   といった自民党型旧来政治を打破すること。
■ しかし民主党の拡大とともに、わが党内部にも一部こうした悪弊が芽生え始めている。
■ 労働組合、各種業界との関係などについて、既得権擁護的議論は根絶する。
■ 党内の政策グループは否定しないが、内向き党内融和を優先する 政治手法 は徹底的にこれを排除する。
■ こうした改革のため、党内意思決定手続きも全面的に見直すこととする。

パチパチ。そこが今回民主党が負けた原因があるのだ。
「内向き党内融和を優先する」とは鳩山の「友愛」を痛烈に批判する文句ではあるまいか。
しかしそんなこと言うと、民主党が解体しかねない。党首任期1年でそこまでできるか。

本当は自民党大勝の結果、改革が進むことに期待する一方、やたらともすれば国民負担増とか人権的に微妙な法案をばんばん通される恐れがあって、みんな2大政党政治実現を心待ちにしてたりする。

多かれ少なかれ期待しているのよ。民主党さん。


これは新たな火種になりそうな予感。面白くなってきた。


それにしても河村たかしの行方は?(笑)

banner_04

|

« 自民党大勝・既得権益層はまだまだある。 | トップページ | リタ、米国本土に上陸。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/5986373

この記事へのトラックバック一覧です: なんとも民主党らしい結果だなぁ。:

« 自民党大勝・既得権益層はまだまだある。 | トップページ | リタ、米国本土に上陸。 »