« おまえ、研一か?えらい! | トップページ | Mighty Mouse »

2005.08.12

郵政解散小泉政治を僕なりにかんがえてみる。

 小泉首相の公約(?)の「自民党をぶっ壊す」がだんだん現実的になってきた。
 政党本部と都道府県連のねじれ現象は無党派層を取り込まなきゃ行けない政党にとって(要は共産党と公明党を除く)小選挙区制の当然の帰結だが、小泉首相は地元の既得権益層の代表である反小泉をぶっ壊すばかりか、二院制をぶっ壊すつもりではないか。つーか、参院を事実上無力にしたっつーか。参院はもう良識の府じゃありません。権力闘争に明け暮れた参院決議の結果がそれを明確に表しているじゃありませんか。

 小泉政治が目指すところは「破壊」にあるから、当然「破壊」した後の明確なビジョン(幸せな将来像)を示すことが出来ない。自然発生的に何が生まれるか想像すると自由競争社会=市場主義の世の中。政府の関与をできるだけ縮小しようとの腹なのではないか。

 ということになると、リスクと利益に関する情報開示に基づく自由な選択の世の中には、新しいルールが必要だ。憲法改正ね。愛国心を鼓舞するのは気にくわないけど(日本を良くすれば自ずと愛国心が生まれてくる)小さな政府(官業・規制改革)、地方政府の役割、官から民へのルール、自己責任と引き替えのセーフティネットが明示されればそれでいいんでないの。と思う。

 9条ばかりが取りざたされているけど、他にももっと大事なことがあるというのを公平に報道してくれなきゃダメヨ。衆院解散で相当な数の法案が良くも悪くも廃案になっちまったことを重くとらえねば。
 それから、郵政民営化が通らなければ解散という大ばくちにばかりに目を向けていると、周辺のカネと政治にからむスキャンダルがみえにくくなるからマスコミに注文しておく。

 北海道民としては開発にからんで実は政府に日本で一番関与されてきた地域だから複雑なところだが、それでも明日を考えると、「政府にそろそろやんわりと手を引いてもらって」という考えが強くなってきた。田中角栄が引いた疑似社会主義にはもう戻れない。

 そう小泉総理しかできなかったことを考えるときに、今まで一度も投票したことのない「自由民主党」に投票するか?という気持ちがむくむくとわき上がってきた。完全に相手の術中にはまっているな
こりゃ。

追記:どうやら「民主党」すら、間接的に「ぶっこわす」時がきたみたい。民主党どうでる?!
朝日より引用。
敵の敵は味方? 連合、自民の郵政反対派を支援へ
2005年08月11日

 民主党の有力な支援団体である連合は10日夕の臨時中央執行委員会で、自民党の郵政民営化反対派の前衆院議員を総選挙で支援することを決めた。民主党がわずかに単独過半数を下回った場合、反対派との連立で政権を奪取する道を残しておきたいという狙いからだが、民主党執行部は、反対派と「同じ穴のムジナ」と思われてはたまらないと大慌て。深夜になって、反対派とは「協力しない」とするコメントを報道各社にファクスで送った。

 連合の笹森清会長は委員会後の記者会見で、反対派から既に支援要請が来ていることを明らかにし、「限定したところでやる。政界再々編の方向で十分に相談できる人を念頭に置いている」と述べた。「民主党が単独過半数に届かない場合、政権の枠組み作りのため、かすがいの役割を果たしたい」とも語った。
 
 

|

« おまえ、研一か?えらい! | トップページ | Mighty Mouse »

コメント

久保さん、ども。
森先生は僕も会ったことがあり、行政批判をおもしろおかしくしゃべるのは面白いんですけど。それだけかな。松下圭一先生は名著の声名高い「シビル・ミニマムの思想」を書いた人ですけど、どっちも過去の人という印象をぬぐえませんな。
小泉自民党マンセーなエントリーを書いてしまいましたが、現在民主党の政権奪取の可能性を書いていますので(予定は未定)お楽しみに。

投稿: akiller | 2005.08.17 15:14

>田中角栄が引いた疑似社会主義にはもう戻れない。

■下記の添付のような動きがあるそうですが、どうなんでしょ?
そもそも、森教授とは何度か話をしたことがありますが、どうも「お茶の間解説員(?)」の枠からはみ出ていない感じですが。
下記添付は、抽象的な議論ばかり熱があがり、結局、ニュー・スタイルのガス抜きになる匂いもしてまんがな。
■その点、小泉首相は、「具体的」?
具体的=分かりやすい?

[tiiki-net-hokkaido] まちづくりのルール座談会のご案内
>Date: Tue, 16 Aug 2005 23:44:42 -0000
>
>北海道地域政策課の北風です。
>
>今週末ですが、札幌市の市民会議が企画する座談会が開催
>されます。
>札幌市における「自治基本条例」検討の中間報告と有識者
>による座談会です。
>法政大学名誉教授の松下圭一先生をお招きするそうです。
>ご関心のある方、ぜひご参加ください。
>事前申込みが必要とのことです。
>
>◆◆まちづくりのルール(自治基本条例)有識者座談会◆◆
>自分たちのまちは、自分たちの手で住みやすくしていこう!
>
>地域やまちづくりの活動がより盛んになり、まちを元気に
>していくため、現在、札幌市の市民会議「自治のルール、
>みんなでつくろう!」委員会が「自治基本条例」の検討を
>進めています。
>7月にこれまでの検討内容を中間報告としてまとめ、今後、
>この報告に対してより多くの市民の皆さんからご意見をい
>ただき、さらに検討を進めるために、中間報告に対して有
>識者の方からご意見をいただく座談会を開催いたします。
>どなたでも傍聴いただけます(参加無料)。
>席や資料準備のため、事前申し込みをお願いいたします。
>
>●日時:平成17年8月20日(土)12:30-15:00 (開場12:00)
>●会場:「WEST19」(ウエスト19) 
>    5階講堂(中央区大通西19丁目)
>●お話:松下 圭一氏(法政大学名誉教授)
>    森  啓 氏(北海学園大学教授)
>●参加費: 無料
>●申し込み・問い合わせ先: 札幌市コールセンター
> 電話011-222-4894/ファクス011-221-4894
> 電子メールinfo4894@city.sapporo.jp
>
>詳しくは市民会議が運営するホームページ↓
>「じっちぃ.com」(http://www.jichie.com/)

投稿: 久保AB-ST元宏 | 2005.08.17 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/5437328

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政解散小泉政治を僕なりにかんがえてみる。:

» それでも自民党は勝ちあがる(第2版) [Heinrich's blog]
#友人から再度コメントをもらったので、それに対してアドオンする形で記事を書かせて [続きを読む]

受信: 2005.08.12 19:50

« おまえ、研一か?えらい! | トップページ | Mighty Mouse »