« 前々から気になっていたが、ついにここまで来たか。 | トップページ | チャーリーとチョコレート工場 »

2005.08.25

ニセコ町長、出る。

リンク: 北海道新聞 05衆院選道内の動き.

逢坂氏、きょう出馬表明 町議会に意向伝達  2005/08/25 13:49

 【ニセコ】三十日公示の衆院選で、民主党から比例代表道ブロックの名簿単独一位での出馬要請を受け、受諾の意向を固めた逢坂誠二後志管内ニセコ町長(46)は二十五日、成瀬勝弘同町議会議長ら十四人の町議全員に対し「民主党から要請を受けた。前向きに考えたい」と述べ、出馬の意向を伝えた。逢坂氏は同日中に記者会見し、出馬を正式表明する見通しだ。

 う〜ん。比例名簿1位か。勝ったも同然だろうな。
道新の別の記事から。

 逢坂氏が二○○三年の道知事選で民主党推薦候補としての出馬要請を受け、最終的に断ったことに対し、一部から異論も出たが、最終的に党本部に逢坂氏の公認申請を行うことで一致した。

 知事選の時、一回は出ると言い最終的に断念という苦渋の選択が賛否を呼んだだけに、今回はニュースがでて即座に出馬を受諾した。

 これで、道内は民主党が俄然存在感を増すのだろう。
 ムネオよりセイジだよな。

 ここに国政選挙をたたかう逢坂さんに敬意を表して全国初の試みである「ニセコ町まちづくり基本条例(H13.4.1施行)」の前文を転載する。

ニセコ町は、先人の労苦の中で歴史を刻み、町を愛する多くの人々の英知に支えられて今日を迎えています。わたしたち町民は、この美しく厳しい自然と相互扶助の中で培われた風土や人の心を守り、育て、「住むことが誇りに思えるまち」をめざします。
まちづくりは、町民一人ひとりが自ら考え、行動することによる「自治」が基本です。わたしたち町民は「情報共有」の実践により、この自治が実現できることを学びました。
わたしたち町民は、ここにニセコ町のまちづくりの理念を明らかにし、日々の暮らしの中でよろこびを実感できるまちをつくるため、この条例を制定します。

北海道ニセコ町長逢坂誠二のホームページ
VON[Voice of Niseko]

banner_04

|

« 前々から気になっていたが、ついにここまで来たか。 | トップページ | チャーリーとチョコレート工場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/5630963

この記事へのトラックバック一覧です: ニセコ町長、出る。:

» 衆院選(2) [いぶし銀なわけでもない日々。 ~初段篇~]
 小生が地方自治の生きる教科書として尊敬してやまないニセコ町長・逢坂誠二 師が民主党から道比例区の単独一位候補で立候補を表明した。  逢坂 師の書籍は多数持っている。仕事で行き詰ったときや、新しいことに挑むときには逢坂 師の書籍によって自分の行動に磨きを... [続きを読む]

受信: 2005.08.26 13:23

« 前々から気になっていたが、ついにここまで来たか。 | トップページ | チャーリーとチョコレート工場 »