« 自販機ブルース | トップページ | 世界を股にかけてる気分♪ »

2005.08.29

チーム・マイナス6%運動に思う。

リンク: 地球温暖化問題の歪曲.

大気中の二酸化炭素が増えると気温が上がるという「温室効果」は18世紀に発見され、この現象が存在することはほぼ間違いないとされている。しかし、気候が温暖化する原因としては、温室効果以外にも、火山の大噴火、太陽黒点の周期的変化、海流の変化など、いくつも要因があり、それぞれがどのような形で影響しあっているのか、今のところよく分かっていない。

 また気候が温暖化すると極地の氷が溶け、海水面を大幅に上昇させるという説も、否定する人がいる。否定派によると、温暖化はそれまで雪も降らないほど寒冷な極地に雪を降らせることにつながり、極地の氷は増え、海水面は逆に低下するという。

 人類が石油や石炭を燃やすことは、温暖化ではなく冷却化を助けているという説もある。燃焼によって大気中に放出される亜硫酸ガスなどの微細な粒子が太陽光線を弱め、地球が過熱するのを防いでくれているので、燃焼をやめたら温暖化は逆に進んでしまう、という主張である。(関連記事)

 このように地球温暖化をめぐる議論は、多分野にわたって諸説が乱立している状態だ。欧米のマスコミの最近の記事は「地球は異常に温暖化しているということで、すでに大多数の専門家の間で意見が一致している」とさらりと書いているものがよくあるが、これは間違いであり、政治的な意図を持った記事であると考えられる。そもそも科学的な真理は、専門家の多数決で決まるものではない。大多数の専門家の意見が一致したから、それが真理だというのは間違いである。ガリレオもアインシュタインも、当時の学界では全くの少数派だった。


 実を言うと僕はチーム・マイナス6%に入っている。
 地球温暖化に関心がないわけではないが、ことさら気をつけて二酸化炭素の排出を止めようと思ってるわけではない。
 先日チーム・マイナス6%のアンケートに答えた(ようとした)ことは、以下の通りだ。
・チーム・マイナス6%に入った理由
「政府のPRの実態に興味があったから」
・あなたは「京都議定書」の内容を知っていますか。
「詳しく知っている」
・あなたは産業部門より家庭部門の方が二酸化炭素排出量が多いことを知っていますが。
「詳しく知っている」
・一戸一戸家庭の排出削減努力により、地球温暖化は防げると思いますか。
「まったくそうは思わない」
・「クールビズ」PRについてどう思われますか。
「内閣、政府の職員がやると、都道府県職員、市町村職員、はては民間まで実行しているのを見ると、右ならえ体質は、変わってないなとおもう。」
・何かご意見を
「政府は二酸化炭素排出増加が地球温暖化の主たる原因であることを科学的に国民に知らせる義務がある。それができないならこんな無駄遣いヤメにして欲しい。」

さてアンケートを送付しようとボタンを押したとき、
【「問8」が入力されていません。ブラウザの戻るボタンを押して、再度入力して下さい。】
ていうエラーメッセージが。
ブラウザの戻るボタンを押すと、今まで入力した全部の回答が白紙に(怒)。
Macは良くあることなんで、再び入力してボタンを押すと、
【「問8」が入力されていません。ブラウザの戻るボタンを押して、再度入力して下さい。】


「問8」とは「政府は二酸化炭素排出増加が地球温暖化の主たる原因であることを科学的に国民に知らせる義務がある。それができないならこんな無駄遣いヤメにして欲しい。」と僕が回答したところである。

 偉く高度なウェブアンケート作ったな。政府に反対する奴は「チーム・マイナス6%」会員にはいないはずという人工知能を忍ばせやがって(笑)。

そんなこんなでアンケート送付されずじまい。

冗談はさておき、田中宇のメルマガからはアメリカ・イギリスの思惑が想像できて面白い。
 日本は京都議定書の議長国の責任としての立場はわかるが、どうも一般庶民レベルでは「二酸化炭素」=「家計のエネルギー消費の見直し」といういい意味での誤解がチーム・マイナス6%運動の推進力となっている面がある。
 もしくはもはや東京以西は熱帯と化したここ最近の「猛暑」に「クールビズ」というキャッチフレーズで政府挙げてお墨付きを与えて、「暑いんだから、無理しないで」運動をやったのかも知れない。
 北海道民から言わせてもらえば、本州は亜熱帯(私感)で違う国なんだから。

 オイル・ショックの時より、ずいぶんと国民はスーペーさんから大人になったというべきか。費用対効果の部分を環境にしっかり組み込んだ家庭運営をしているんだから。キーワードは持続可能性・ゴーイングコンサーン。
 ウォームビズならもっと家計消費につながって経済効果があるのか分からないが、クールビズは男性だったけど、少なくともモードに敏感な女性には、「スカートよりズボン」ってあんまり流行らない気が。

 つーか、高気密高断熱の家に住んで、Tシャツ・短パンでビール呑んでる北海道民にとっては関係ないんじゃ??我が北海道住宅産業は高気密高断熱では一日の長がある。もうすでにノウハウは、移出しているのかも知れないけど、伝統的な日本家屋は自然換気。これを高気密高断熱にするって地球環境にとってはいいんだかわるいんだか。

 とりあえずステテコや股引の需要が増えると思ったら「フクスケ」の株は、買いでしょう。

banner_04

|

« 自販機ブルース | トップページ | 世界を股にかけてる気分♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/5690505

この記事へのトラックバック一覧です: チーム・マイナス6%運動に思う。:

« 自販機ブルース | トップページ | 世界を股にかけてる気分♪ »