« 脳天気 | トップページ | 打たせて取るというのはいかがか? »

2005.06.17

脳天気2

HTAさんのコメントに脊髄反射!して、記憶力の話。

 僕の場合、ハリソン・フォードが鬼門でした。
Blade Runnerを映画館で3回、ビデオも所有しているのにもかかわらずですよ。
他にも刑事ジョン・ブックとかインディージョーンズとかも見てるのに。

 もちろん、脳出血の以前のことです。

 HTAさんの岩下志摩ならいい方です。

 しかし、思うに基本的に僕は単純な暗記めいた記憶力がない方だと思う。そのままほっといたらたぶんぼけ老人になること間違いない。受験勉強のとき日本史・世界史の年号を覚えるのが苦手で、今でも覚えているのが、泣くよウグイス平城京含め2,3しかない。でもそれより英単語の方がもちろん多い。大学でフランス語を履修したけど、ほとんどコマンタレブーしか覚えていない。

・・・と思えば妙なことを覚えている。

 例えば、乱雑な机の上の一番上のファイルで右から3番目ぐらいに今やっているプロジェクトの概算工費の資料があるとか、電話でスタッフに探させて驚かれたこともある。

 先日、車の運転が1年ぶりに許可されたが、最初は慎重におっかなびっくり運転していたが、札幌市内の一方通行とか、何処を曲がれば、目的地に行けるとかは、入院前と遜色なく覚えているものだ。

 ドラムも入院時の最初か2回目の外出のときにSAXとスタジオに入ったのだが、もちろん右手は大して動かなかったが、小節の長さは感覚に残っていたし、曲もなんとか演奏できた。

 パソコンもはじめの頃いらつくことが多かったが、プラインドタッチも次第にゆっくりとなら、打てた。たぶんいらいらしたのは、うつ早さもそうだったが、センテンスとか単語認識が遅すぎたことが起因していると思う。

・・・共通することは何か。

それはインプットしたことを脳を通して繰り返しアウトプットしたかが、記憶力の鍵であると思う。身体で覚えるというとそれまでだが。

 インプットは目・手・足等々色々あるが、視覚情報・聴覚情報・触覚情報などとそれぞれの統合された情報である。

 HTAさんの例で行けば、「顔は間違いなく覚えている岩下志摩の視覚情報=インプット」「名前という視覚・言語という認知=アウトプット」の関連づけが弱いことに起因するのだと思う。

 運動性失語症を経験した僕から言えば、ひらがなあるいはカタカナの文字(言葉)認識と視覚認識、漢字の文字(言葉)認識と視覚認識、のお互いが普通の人は統合されているのに、それぞれが統合とはほど遠く、ばらばらだった。最初、五十音にならんだひらがなの表をみせられたときはあせったね。どれが「あ」で、どれが「め」か指でさせないんだもの。

 いわゆる、ちゃんと読めるのに書けない、発音できないというやつだ。普通の人でも読めるのに書けないというのはあるが、読めるのに発音できないとそうとうアセると思う。
 たぶん、一般的に日本人が苦手な英語のケースである。日本語のローマ字表記をアルファベットで記すから、たちが悪い。

 話を戻すがアウトプットは、発音・手の動き・足の動きなどが統合された結果として出てくる。ショックだとか、強烈な記憶は、繰り返しアウトプットというより、その身体の反応も含めて記憶していると思う。

 良くドラマーをやっててトーシロー(失礼)に聞かれるのは、「よく手足四本ばらばらに動かせますね。」というやつだ。そんなとき僕は「四本ばらばらじゃないんだけど。」「君だって、テレビ見てお菓子喰ってその上携帯かけてるでしょ。」とイヂワルをいうんだけど。

 僕はハリソン・フォードをたぶんほとんど一人で映画館に行ってみたし、ビデオも夜な夜な一人で見たケースが多かったと思う。それが、記憶力の面から行けば、良くなかったんだと思う。誰かに話さなきゃいけなかったんだ。Blade Runnerについて語る友達がいなかったこと、誰かにBlade Runnerの面白さを話そうとしなかったがことが大きい。

 この僕の例は、実は大きな社会的問題を孕んでいると思うけど、その話は別の機会に。


banner_04

|

« 脳天気 | トップページ | 打たせて取るというのはいかがか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/4593674

この記事へのトラックバック一覧です: 脳天気2:

« 脳天気 | トップページ | 打たせて取るというのはいかがか? »