« 打たせて取るというのはいかがか? | トップページ | 捕鯨大国 »

2005.06.20

「ディープ・ブルー」をみた。

感動した!!!
ネタバレ注意!

 前々からみたいと思っていたのだが、多忙でレンタル屋にいくのが面倒くさくってアマゾンで購入。
撮影を開始してから7年もかかったこの映画は完全に実写で、世界の海を回って集めた90分の海における生態のお宝映像をふんだんに見せてくれる。

 僕たちの知ってる海は海岸部の広大な海のほんの砂漠の一粒の砂程度でしかないってことをまざまざと知らされた。

  • アシカの子どもを砂浜でシャチが座礁のリスクを負いながら狙う厳しい自然のシーン

  • お腹を空かせて、ホッキョクグマの親子がアザラシの巣を探して極限の地をさまよう姿

  • シャチがコククジラの親子を執拗に追いかけ、子どもの死体が海にさまよう壮絶なシーン

  • 深海の暗黒に染まった海で怪しい光を放つ、まるで地球外生命体のような生物

  • いわしの群に集まるアホウドリ、イルカ、イワシクジラのそれぞれの食べ方

  • 海底火山の出す硫黄まじりの噴煙を有機物に変えて生きるチューブウォーム

  • などなど。

    知床半島に子連れのシャチが流氷に閉じこめられ、子を懸命にかばう姿をみせる姿が感動をよんだことは記憶に新しいが、ディープ・ブルーで描かれたシャチは獰猛きわまりない。

    僕は驚きの連続で「えっ!これ実写なの?」と思うシーンがいくつもあった。
    まずは一見にしかず。

    「ファインディング・ニモ」もいいけど、この映画は大人にも子どもにも自身をもってお勧めできる。
    ということで姪っ子にもプレゼントしてあげよう。

    banner_04

    |

    « 打たせて取るというのはいかがか? | トップページ | 捕鯨大国 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/4634961

    この記事へのトラックバック一覧です: 「ディープ・ブルー」をみた。:

    » 「DEEP BLUE」 [テクノさん.NET >>>]
    青い海。 満ち溢れる水。 躍動する生物たち。 自然が創り出す雄大な景色。 ディープ・ブルー スペシャル・エディションアラステア・フォザーギル アンディ・バイヤット東北新社 2005-05-27売り上げランキング : 5おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 91分間の... [続きを読む]

    受信: 2005.06.20 23:14

    » ディープ・ブルー スペシャル・エディション [できるビジネスマンになりたい!]
    ディープ・ブルー スペシャル・エディションアラステア・フォザーギル アンディ・バ... [続きを読む]

    受信: 2005.06.22 15:30

    » 捕鯨大国 [汝、沈黙するなかれ、北の大地より。]
    なんとなくこのニュースをみて、ディープ・ブルーの最後のシーンが捕鯨禁止のプロパガンダに見えてしまうのは僕だけですか。あく [続きを読む]

    受信: 2005.06.22 18:32

    « 打たせて取るというのはいかがか? | トップページ | 捕鯨大国 »