« 「高田エージ」を知ってるかい? | トップページ | 悲しいペンギンの習性。 »

2005.06.07

iTMS、ついに日本へ!

iTunes
ITmediaニュース:iTunes Music Store、SME抜きで8月国内立ち上げの報道を見ると、日経が最初に報じたらしい。

 米国、欧州で相次いでサービススタートしているiTMSだが、日本で遅れていた理由は、邦楽が外に売れないことに起因していると読んでいる。アメリカ・イギリスに比べて相手にしている市場が著しく小さいことこの上ない。

 唯一東アジアで一部の邦楽が人気を博しているが、「かの国」は知的財産権を徹底して無視となれば、事実上金取れるのがいきおいドメスティックにならざるをえない(一時国内にも還流していた中国向け輸出版はどうなったんだろう)。

 それが「着うたフル」の流行る市場で、iTMSでドラスティックに変わるとは思えないまでも、いくつかの変化が予想できる。

  • iTMSの各国のサイトを見ると、世界にヒットしている輸入盤があるが、日本では扱えない可能性が高い。高いから。勢い日本の楽曲でそろえざるをえない。

  • 事実上世界でもっとも売れている携帯プラットホーム向けに、世界の音楽市場に安価に楽曲を提示できるから、へんな売れ方(逆輸入)をする可能性がある。

  • SONYのネットワークウォークマンの売れ方にもよるが、仮にSMEがiTMSと契約しないとなった場合、とんびに揚げをさらわれる可能性がある。なんつったてレーベルゲートは300円、iTMSは150円(予定)だから値下げ合戦に陥る可能性がある。
  •  ま、音楽ビジネスのプロぢゃないから微妙に読み流して欲しいんだけど、いずれにしてもiTMSが日本にも来るとなると今年後半の台風の目(あくまで話題ベース)になること間違いない。

     実際、どちらも飽和気味の日本で商売のタネになるかはよくわからんつーことで。
    banner_04

    |

    « 「高田エージ」を知ってるかい? | トップページ | 悲しいペンギンの習性。 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/4452857

    この記事へのトラックバック一覧です: iTMS、ついに日本へ!:

    « 「高田エージ」を知ってるかい? | トップページ | 悲しいペンギンの習性。 »