« 貿易自由化は日本の消費者に恩恵をもたらす〜在日米国大使館 | トップページ | 米国、EU、および日本の農業政策って比較論間違ってない? »

2005.03.17

カルビー家宅捜索

calbeeまた、北海道かよ。

カルビー家宅捜索 未検査のイモ譲渡容疑で北海道警

2005年03月17日11時53分

 製菓大手カルビーの子会社カルビーポテト(本社・北海道帯広市)が、ポテトチップスの原料となるジャガイモの種イモを、国の検査を受けないまま契約農家に譲渡した疑いが強まり、北海道警は17日、同社や東京都北区のカルビー本社などについて植物防疫法違反容疑で家宅捜索を始めた。カルビーポテトはカルビーのポテトチップスの原料となるジャガイモの9割以上を供給している。道警はカルビー本社の関与の有無についても調べる方針だ。

 生活経済課などの調べでは、カルビーポテトは昨年4月、ジャガイモを生産委託している農家10戸(北海道南富良野町)に、同法で義務づけられた農林水産省の検査を受けていない種イモ135トンを譲渡するなどした疑い。

 種イモは病害虫の被害防止のため農水省の検査に合格したものだけが栽培が認められる。委託を受けた農家の一部で病害虫ジャガイモシストセンチュウが確認され、同社が道に報告した。同社がこの問題が発覚した昨年暮れ、「試験的な栽培でもあり問題ない」としていたが、農水省は14日に道警に刑事告発した。

 同社によると、無検査の種イモからできたジャガイモの一部はポテトチップスに加工されて市場に出回った。

 道によると、シストセンチュウは一度発生すると撲滅することは極めて難しく、道は同社に対して行政処分を検討している。

ジャガイモシストセンチュウでは十勝毎日新聞が詳しい。被害は年々拡大の一途をたどっているようだ。これに日本のポテトチップスの代名詞「カルビー」が多少なりとも関わっていたとなると、損害賠償問題に発展するかもしれない。

 それにしても道内関係者が「北海道ブランド」を確立しようと躍起になっている矢先のカルビーの大失態。04年12月にシストセンチュウについて発表して以来表向きは沈黙を守っている。しかしながら、病害虫は畑を選ばないから怖いのに、食品の安全だけを強調してもはじまらないっつーの。
 
 当面、コイケヤを買おうっと。


banner_04

|

« 貿易自由化は日本の消費者に恩恵をもたらす〜在日米国大使館 | トップページ | 米国、EU、および日本の農業政策って比較論間違ってない? »

コメント

すみません…TBしたら2つも(汗)。

ナビスコは大丈夫だろうか…と思いつつチップスターを頬張っております。


投稿: さすらいのどうみん | 2005.03.18 00:03

TBありがとうございます。
食品の安全に関して企業は、もっと真剣に取り組んで欲しいものです。

投稿: 矛盾~の管理人 | 2005.03.17 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/3330655

この記事へのトラックバック一覧です: カルビー家宅捜索:

» ホントは怖いカルビーのポテトチップ(カルビー家宅捜査) [矛盾の矛は何を貫く]
asahi.com: カルビー家宅捜索 未検査のイモ譲渡容疑で北海道警 - 社会 平成11年くらいから譲渡をしていたらしい(TVニュースより... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 15:32

» カルビーポテトの件から再びGM条例を考える [北海道どっと来夢]
大手食品加工メーカー「カルビー(本社・東京)」及びその子会社「カルビーポテト(北海道帯広市)」を植物防疫麻反で家宅捜索。 その前に植物防疫法を、ちぇきら!! つ... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 23:54

» カルビーポテトの件から再びGM条例を考える [北海道どっと来夢]
大手食品加工メーカー「カルビー(本社・東京)」及びその子会社「カルビーポテト(北海道帯広市)」を植物防疫麻反で家宅捜索。 その前に植物防疫法を、ちぇきら!! つ... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 23:55

» カルビーのポテトが危ない? [料理を作って奥さんに自慢しよう]
ポテトチップといえば、カルビーか湖池屋かというところだが、今回はカルビーにとって痛い話。ポテチの原料になる種イモを、植物防疫法に基づく検査を受けないまま農家に栽... [続きを読む]

受信: 2005.03.23 15:31

« 貿易自由化は日本の消費者に恩恵をもたらす〜在日米国大使館 | トップページ | 米国、EU、および日本の農業政策って比較論間違ってない? »