« フォントを変えた。 | トップページ | ケーターハム スーパーセブン BDR »

2005.01.11

インド洋の津波は自然の防波堤が守った。

coral_reef_protectionインド洋津波:
「復興は環境に配慮を」世界自然保護基金/毎日新聞

インド洋津波:「復興は環境に配慮を」世界自然保護基金
 世界自然保護基金(WWF)は10日、スマトラ沖地震と津波による被災地の復興事業に当たって、各国政府が自然環境に万全の配慮を怠らないよう要請した。
 WWFによると今回の津波でも、さんご礁や海岸沿いのマングローブ林などが保全されていた地域は、無計画に開発されたリゾートホテルやエビの養殖場などと比べると被害が少なくて済んだ。
 WWFは津波の復興事業策定に際しては防災と環境保全を考慮することを求め、建築に必要となる木材の切り出しについても、森林の長期的育成に万全の注意を払うよう求めている。
 国連のブリセニョ国際防災戦略(ISDR)事務局長も、さんご礁などに守られた地域の被害は10分の1程度だったとしており、18日から神戸で開かれる国連防災世界会議でリゾート再建に関する建築基準を提案する際、自然の植生を防災に生かす考えを示す方針。(ジュネーブ共同)

毎日新聞 2005年1月10日 10時29分

世界自然保護基金のサイトを覗いてみた。

"Healthy ecosystems can save lives," said Isabelle Louis, Director of the WWF Asia Pacific Programme.

"Places that had healthy coral reefs and intact mangroves, which act as natural buffers, were less badly hit by the tsunami than those where the reefs had been damaged and mangroves ripped out and replaced by prawn farms and poorly planned beachfront hotels."

 日本は世界有数の海老輸入国で(確か世界のエビ3分の1)あり、最も南アジアのリゾートに出かける国の一つである。その点、援助額で競ってばかりいず、援助の中身がそろそろ問題になっていい。

  • 関連URL

  • お茶の間から世界を変えよう
    エビ消費大国・日本の『罪』
    日本旅行業協会の統計

    追記:1月13日 珊瑚礁の被害実態はここが詳しい。
    JTDnetwork 二つの海に出会える国

    |

    « フォントを変えた。 | トップページ | ケーターハム スーパーセブン BDR »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/2542908

    この記事へのトラックバック一覧です: インド洋の津波は自然の防波堤が守った。:

    « フォントを変えた。 | トップページ | ケーターハム スーパーセブン BDR »