« 2004年3月21日 - 2004年3月27日 | トップページ | 2004年4月4日 - 2004年4月10日 »

2004.03.29

■社会的共通資本

 筆者は社会的共通資本という考え方を提示し、それには自然環境系・インフラストラクチャ系・制度系の3つの種類があるという。
 この本はそれぞれの分野について具体的な例をあげてその意味や意義を論じ、また社会・経済学史の中に位置づけ、そして結語としてあり方を論ずるというスタイルでこれまでの筆者の著作・文献をまとめたものである。宇沢ワールドの入門書というところか。
 文は抑揚がおさえられ(ま、経済学の先生だから)平坦ではあるものの、所得再分配において無機的個人を前提し、効率性のみを論じ、公正性について考慮しなかった新古典派経済学者やモダニズムの教祖コルビジェを思想的に批判し、自説や他の優れた思索家(例えばジェイコブス)などの対案を提示する。
 新古典派的な理論・演繹的アプローチによる社会資本整備についての政策体系を批判しつつ、農村について述べた第1章、都市について述べた第3章は、多くのプランナーや政策立案者は、これまでの政策の理論的背景への批判も含めて読んで欲しいし、この部分を自分なりに把握し消化することで少なくとも思想的には十分とも言えると思った。
 現在長野県の総合計画審議会委員をやっている筆者の「コモンズ」による地方政策革命の理論的背景を知る上でもいいテキストである。
「社会的共通資本」宇沢弘文著/岩波新書/¥660
amazonへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術

立花氏はあれだけの著述の物量がありながら、なぜその数百倍の読書を同時にこなしていけるのか。そんな疑問に答えてくれる。その方法は私のような凡人にも応用が利きます。そう、一字一句を追わなくてもいいんです。それから、本や関連テキストをため込む私にとって「捨てる技術」を一刀両断した巻末コラムにも喝采を送りたい気持ち!
「ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術」立花隆著/文春文庫/¥629
amazonへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺伝子組み換え

日本か中国か——遺伝子組み換え小麦でジレンマに陥る米国−AP通信
 さてさて、中国人がこぞって米国型の食生活に変貌していく過程では、いずれこういうことがトップニュースにバンバンでるようになるだろうね。立花隆は環境ホルモンについてはずいぶんと警鐘を鳴らしたようだが、遺伝子組み換え作物は、胃に入って消化されるだけだから、なーんの心配もないのに、何故に騒ぐのか、と確か、「驚異の読書術」で書いていた。
 詳しいことはわからないにせよ、タンパク質の変性とやらによってもたらされる影響がわからないうちに、そんなことを言ってしまっていいのか、という気もする。いずれにせよ、中国への遺伝子組み換え小麦の大量輸出は、巨大サンプルの人体実験になるってことか。
 しかし、一方中国人を喰わすためには、現状では遺伝子組み換え小麦が必要悪になるって話も想像してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.28

道州制にらみ実績着々/北海道新聞040328

青森・秋田・岩手の北東北3県では、道州制をにらんだ動きが活発化しているそうだ。
産廃税導入、国内外五カ所への合同事務所開設、公募債の共同発行、大学の単位互換(検討中)、など全国発の試みを連発しているとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漁師料理頒布会

inori.jpg
海隣丸フィッシャーマンズハーバー
4月:無唯有在、5月:貝飛、6月:漁月、7月:舟揺夜、、、と毎月の漁師料理のネーミングが思わせぶり。ちなみに8月は、天然ナマウニ丼、岩磯ツブ煮、漁師の鮭アラ汁、酵母野菜漬のセットだ。こんな感じの豪華さで毎月3,980円だ。うーん。たまらん。
発売元の海隣丸は、全国初(当然世界初)の冷凍ずし全国宅配システムを発明したすごい会社だ。地元の小樽高島漁港は、昔から脂が乗って身が良く締まった魚が捕れる有名な漁場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月21日 - 2004年3月27日 | トップページ | 2004年4月4日 - 2004年4月10日 »