« 平均年収1500万円という優雅な日テレ社員たちの感覚 - livedoor ニュース | トップページ | ガラにもなく教育雑感。 »

2004.11.14

米産牛肉輸入再開されても「食べたくない」が6割に

米産牛肉輸入再開されても「食べたくない」が6割に
なんでも聞くところによると、生年月日が登録されている米国産牛肉がたった2割じゃあ、事実上BSEのリスクが怖くて食べたくないということだ。

仮に生後20ヶ月の牛に対する全頭の検査結果をやったとして、生産者・米国内の流通・日本国内の流通といったトレーサビリティの問題を解決しないと、安全とは言えない。

それだけの態勢がまだ整っているわけじゃない。より原材料の複雑な加工食品の問題があるし、それぐらいの知恵は我が国の消費者も持ちつつあるということか。

一方で我が国の牛肉生産にも一言言いたい。なぜ高級牛肉ばかりを追い求めるのか。北海道でも本州の松坂や丹波など、下請的に生後1,2年、生産して、肥育は名産地と言うところがある。リーズナブルな牛肉をもっと作れないものか。

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041024-00000001-san-pol

|

« 平均年収1500万円という優雅な日テレ社員たちの感覚 - livedoor ニュース | トップページ | ガラにもなく教育雑感。 »

コメント

■吉野家の一日限定牛丼復活「2月11日」にヤミ米屋の私が思ったことを、つれづれと書いてみます。
■今回の一連の騒動の初動で私が一番驚いたのは、牛丼が販売中止になった時にテレビのインタビューに若いサラリーマンが、「牛丼は日本の伝統ですから、残念!」と、まるで後のギター侍の登場を予測したかのようなコメントをされていたことです。
そ、そ、そっかぁ~?と、私は思いました。だって、確かスキヤキだって明治維新以降の食べ物でしたよね?
http://www.uraken.net/zatsugaku/zatsugaku_11.html
なんだかそのうち、「マクドナルドは日本の伝統的食文化です。」とでも言い出す世代が出てきそうな・・・・・・。

■かつて大荒れに荒れた「牛肉・オレンジ自由化問題」も、当初から食の問題というよりは、政治の問題として扱われてきたことに大きな歪みがあったと私は思います。

>一方で我が国の牛肉生産にも一言言いたい。なぜ高級牛肉ばかりを追い求めるのか。北海道でも本州の松坂や丹波など、下請的に生後1,2年、生産して、肥育は名産地と言うところがある。リーズナブルな牛肉をもっと作れないものか。

■なるほど。
実際、ここ数年のBSEによる牛肉の高騰で、地方の肉牛生産農家は少し利益を上げています。
たとえば私の住む北海道沼田町にある第3セクターの黒毛和牛生産組合も、昨年度の収支は良かったようです。もちろん、それは「大もうけ」しているという情況ではなくて、かつての「首くくり」寸前よりはマシとゆー程度ですが。
■また、吉野家の牛丼に関しまして、私の米業界では、とにかく輸入を再開して牛丼の生産をして欲しい・というのがコンセンサスです。つまり、牛丼の再開は、米の消費の拡大とイコールなのです。それくらい、今や日本人の米の消費は家庭内ではなくて、外食産業に頼っているのです。外食産業の多くがラーメンやハンバーガー、洋食ですので、ストレートに米を消費する外食ジャンルとして、牛丼は米業界にとっては重要なのです。
そういう意味から言えば、私のこの駄文の冒頭の若いサラリーマンが、「牛丼は日本の伝統ですから、残念!」という発言は本人の意思とは別に非情に正鵠を得ています。つまり、米農家を含めた米という「日本の伝統」を左右するほどの位置に、吉野家を代表とする牛丼業界は立ってしまったのですから。
■もちろん、私は無鉄砲な輸入再開は指示しません。その点、何かとアメリカ寄りの日本政府がこの件に関してだけ、真摯に意見を言っているのには好感が持てます。裏があれば、別ですが(笑)。
かつて、多くの農民が「牛肉オレンジ輸入、反対!」とハチマキをして国会になだれこんだのが、米の消費のために、「牛肉を輸入せよ!」と言い出すのも滑稽でありながら、悲しいことです。

■日本では、毎年、米の消費が50万トンづつ減っています。
最近のテレビでタレントが口を揃えて言う「炭水化物抜きダイエット(ローカーボダイエット)」が、さらに普及すれば、今年はさらに米の消費は落ちるでしょう。
今、米農家にとって最も大きな「敵」は輸入米ではなくて、日本国民の「米離れ」なのですね。
■先にあげた「リーズナブルな牛肉をもっと作れないものか」という意見は、そのまま私たちの米業界にも響く言葉です。
「日本人の国民食」がマクドナルドになっても私はかまいませんが、その時であっても、毅然として自分たちが食べているものに対して「誇り」の裏づけが欲しいものですね。

投稿: 久保AB-ST元宏 | 2005.02.12 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/1958187

この記事へのトラックバック一覧です: 米産牛肉輸入再開されても「食べたくない」が6割に:

« 平均年収1500万円という優雅な日テレ社員たちの感覚 - livedoor ニュース | トップページ | ガラにもなく教育雑感。 »