« 札幌男気流(さっぽろだんきりゅう)の掟 | トップページ | 牡蠣。 »

2004.06.14

元祖豚丼2

似て非なる豚丼
 米国産牛肉のBSE発生問題は、科学的にではなく、どうやら政争の具になりつつある昨今だが、まさに苦肉の策・吉野屋の「豚丼」のいい評判はあまり聞いたことはない。

 ブランドイメージ保持のために、似て非なるものとの違いを強調する運動としては、キムチにおける韓国ががんばっているが、ことと次第によってはナショナリズムと結びついて手が付けられなくなることもあるから注意したい。実際、本場のそれはまちがいなく旨いのだが、毎日食べると人に会えなくなる恐れがある。
 話はそれたが、十勝の「豚丼」を食べた私にとって、基本的に牛丼と同様のレシピで肉だけが違う吉野屋のそれは、まさに似非でしかない。と思えば、大変控えめにかつ詳細にそのことを告げるホームページがあった。

【関連記事】
元祖豚丼

|

« 札幌男気流(さっぽろだんきりゅう)の掟 | トップページ | 牡蠣。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/768786

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖豚丼2:

« 札幌男気流(さっぽろだんきりゅう)の掟 | トップページ | 牡蠣。 »