« ついにフランス人、大泉の声を聞きましたか | トップページ | 自己責任パート2 »

2004.05.27

ローカルなwinny事件。

個人情報流出で江別署、本人にウソ? 「ネットから削除」と説明/北海道新聞
最近、やたら不祥事続きの道警だが、こんな事件があった。

2004年5月14日付け道新記事より。

江別署の巡査の私物パソコンから捜査関係資料がインターネットに流出した問題で、個人情報を漏らされた江別市内の男性と家族が「当初、『(流出した)情報は削除した』とうその説明をされた」と、同署に抗議していたことが十三日、分かった。個人情報はファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じて流出したため、削除は事実上、不可能といい、男性は刑事告訴や損害賠償請求も検討している。
 この男性に関する流出資料は、道交法違反の現行犯で逮捕された際の逮捕手続書、捜査報告書など三種類で、A4判で十二枚分。氏名、住所、年齢、勤務先、逮捕の経緯などが明記されている。

 男性によると、道警が流出を報道発表した三月三十日夜、同署から連絡があり、仕事で不在の男性に代わり、母親が同署員から「名前や住所など個人情報が盗まれた。たいしたことはない」との説明を受けた。四月十日ごろには同署から「情報は削除された」と電話があり、安心したという。

 ところが四月下旬、削除されたはずの資料を知人がインターネットを通じて入手し、記載内容も同署の説明と違うことが判明。男性の家族が同二十七日、「話が全然違う。削除もされていない」と同署に抗議した。
道警によると、流出した書類は、男性を含め、容疑者、被害者の計八人分。

 江別署は「(流出ファイル名などが記された)インターネットの掲示板の書き込みを削除したという趣旨を伝えたが、行き違いはあったかもしれない」としている。

この後の報道は、ネットに出ていないが、江別署に限らず、警察署のパソコンは一人一台じゃなく、しかも、自腹を切って買っている署員も多いとか。
署員は家に仕事を持ち帰ることも多く、パソコンの中は「個人的」なデータと守られるべき「公的」データが混在しているという。
事件後、道警では、パソコンの持ち帰りや持ち込みを禁止したというが、データはどうしたのか、はっきりしない。

それより何より、この江別署員は、自分のパソコンにwinnyを入れて、どんなファイルを交換・入手していたのか、という点は道新も突っ込んでいいんじゃないだろうか。

わたしはMAC使いで、winnyは使ったことがないが、起動させるとローカルハードディスクが全部P2Pに、公開されるのだろうか。

もし、そうだとすれば、他にも漏れた情報はあるかも知れない。

|

« ついにフランス人、大泉の声を聞きましたか | トップページ | 自己責任パート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/664379

この記事へのトラックバック一覧です: ローカルなwinny事件。:

« ついにフランス人、大泉の声を聞きましたか | トップページ | 自己責任パート2 »