« 北海道の雪はいらんかえ〜? | トップページ | GWをずらさないで、増やしてよ。 »

2004.05.18

地方自治体としての東京。

「地方分権改革に関する東京都の基本的見解」(概要)
東京都も地方自治体であるってことを改めて気づかせてくれる見解。
大都市対地方という図式は間違い!という力強い言葉、これはたぶん経済の面からすれば、私も賛成。

しかし、しかしである。

4.の再配分の数字を是正すべきという主張だが、ここにやはり地方対大都市の対立要件を持ち出してないか?
北海道だって、札幌圏の1人当たりと過疎町村の1人当たりでは、負担と配分が逆転する場合がある(いちいち計算しないが)。
でも、東京都の経済は何も再配分なしに成り立つ力強さがあるのでは?とも思う(前知事が残した膨大な借金もあるらしいが)。

北海道にはトヨタもなければ、松下もない(が、それは北海道のせいでも、ない)。

首都圏・中部圏・近畿圏という大都市圏が元気になることが日本を元気にするのは、間違いないが、行政投資の役割は、依然大きいということなのだろうか。

|

« 北海道の雪はいらんかえ〜? | トップページ | GWをずらさないで、増やしてよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/614622

この記事へのトラックバック一覧です: 地方自治体としての東京。:

« 北海道の雪はいらんかえ〜? | トップページ | GWをずらさないで、増やしてよ。 »