« 政府に感謝状は贈ったのかな? | トップページ | 救出費用要求? は? »

2004.04.17

高速道路フリーウェイ論。

この文は、2002年の8月に書いたモノ。例の民営化委員会の議論華やかなりし頃だ。マスコミの議論はもちろんのこと、猪瀬さんも「ムダな道路はつくらない」というところに拘泥せざるをえず、今ひとつダイナミズムのないつまらない話だなーと思って書いた。
10年後の社会の教科書に小泉改革はなんと表現されるか楽しみだが、一つの思考実験として、どんなもんでしょ。
______________________________

民営化の議論が重大局面を迎えている。
中間報告としての結論の主眼は「永久に有料とする」とのことだ。
そこには、償還計画の達成のみを最優先させようという、ユーザー不在の論理がある。

所得の再配分の象徴として公共事業があるが、負担に応じた受益が受けられていないというのが都会の住民の不満だ。
受益もないうちに凍結は許せないというのが地方「行政」の不満だ。
地方の住民はというと、恩恵を享受していないから、主体的な意見は持っていない。あるいは、中央経由のメディアの言説に感化され、交通量も望めずムダなので不要という意見もまた多い。

地方行政の要望の趣旨は十年一日のごとくで、「人・モノの移動効率化のための高速道路。地域の発展のために必要不可欠」と言い続けている。
が、それはどこも同じで、各地域は言い方を厳密にしなくてはならないと思う。正しくは「地域でお金を払って利用する経済主体の発展」である。

使わなくても波及効果によって効率化の恩恵を受けるというのは経済学的には正しいが、ユーザーの立場から見れば若干の論理矛盾を含む。
そういった広い恩恵を必要性の根拠にするならば、それは一般道路となにも変わらない。みんなが応分の負担をするべきだからだ。

数字の上で高速道路の方が一般道路より時間便益が高いから、と比較しても全く意味がない。
なぜならば所要時間の算出は速度をもとにしており、計算上の速度は一般道では60kmを決して越えることはなく実態を表していない。北海道では地方の一般道を60kmで走っていたら追い越される。
それに加え、私は所要時間は実は客観的に見えてそうではないと思う。
1時間のもつ意味、生産性は産業によって全くことなるのである。ましてや家計で利用する場合に観光目的などおおよそ時間便益は貨幣換算にそぐわない。
よって、現状の制度を前提とする限り、お金を払う人のみ恩恵を享受するために高速道路が必要という言い方でなければいけない。

さて、当たり前だが、お金を払うにはやはり理由がいる、コスト負担力と言ってもいい。
企業は採算性が全てであり、家計はもっと幅広いが要はお金を払う価値性があるかどうか、である。

その意味で「熊しか走らない高速道路」はユーザーが選択した結果、すなわち、現在のところ、お金を払うほど価値がないサービスなのである。

では本当に必要ないのか、という視点が生まれてくる。
お金を払った場合に見合う価値がないというだけで、無料なら価値があるかも知れない。

その意味で「永久に有料とする」のならば、お金を払った場合に価値がある人しか使わなくていいということを意味する。
そうすると、地方の経営実態では、有料を前提にした経営をしても、まず必ず破綻する。運送会社も荷主もコスト競争に必死だからだ。

民営化では効率化の動機が働くので、料金の低廉化が期待できると言うかもしれない。
それは期待できるだろうか。いや、利用者の多い都会で稼いだ利益で地方の不採算区間の分をまかなう構図は変わらないだろう。

さて、日本が発展するためには、必ずいずれかの分野で世界と競争しなくてはならない。
地方の多くは第一次産業を基幹とするが、戦後、一貫して世界と競争、グローバル経済にもまれてきている。
食料を供給したり、自然を生かした余暇資源を提供するのが地方の大きな役割であるが、この意味で地方は都会と競争しているのではなく、地方と競争しているのである。競争相手は国内の地方にとどまらない。世界の他地方とも競争しているのである。
稲作を中心とする農業地帯は、主食というマーケットで欧米の農業地域と競争している。
食肉を生産する酪農地帯はアメリカ・オーストラリアと競争している。

競争の条件は、品質、労働生産性、物流の効率性である。
高速道路が物流の効率性の基礎的な条件を向上させるのは明白であり、世界の他地域が無料、もしくは日本と比べて極めて低廉なハイウェイをせっせと利用している。
そう考えると、もはや日本では有料を前提とすべきでない。よって国民はインフラストラクチャとして全国の高速道路を買い取り、全ての国民が無料で利用できるようにすべきであると思う。
加えていうならば、ここで首都圏の高速道路は例外。コスト負担力に応じてもっと値上げすべきだ。低廉な料金が渋滞を生み、有料道路利用者の効用を下げているからだ。上がった収益を地方に回さず、あくまで首都圏内で再投資すればよい。高速道路は2階建て3階建てになり、フィフスエレメントのような都市ができあがることだろう。

|

« 政府に感謝状は贈ったのかな? | トップページ | 救出費用要求? は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/453095

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路フリーウェイ論。:

« 政府に感謝状は贈ったのかな? | トップページ | 救出費用要求? は? »