« 道州制にらみ実績着々/北海道新聞040328 | トップページ | ■ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術 »

2004.03.29

遺伝子組み換え

日本か中国か——遺伝子組み換え小麦でジレンマに陥る米国−AP通信
 さてさて、中国人がこぞって米国型の食生活に変貌していく過程では、いずれこういうことがトップニュースにバンバンでるようになるだろうね。立花隆は環境ホルモンについてはずいぶんと警鐘を鳴らしたようだが、遺伝子組み換え作物は、胃に入って消化されるだけだから、なーんの心配もないのに、何故に騒ぐのか、と確か、「驚異の読書術」で書いていた。
 詳しいことはわからないにせよ、タンパク質の変性とやらによってもたらされる影響がわからないうちに、そんなことを言ってしまっていいのか、という気もする。いずれにせよ、中国への遺伝子組み換え小麦の大量輸出は、巨大サンプルの人体実験になるってことか。
 しかし、一方中国人を喰わすためには、現状では遺伝子組み換え小麦が必要悪になるって話も想像してしまう。

|

« 道州制にらみ実績着々/北海道新聞040328 | トップページ | ■ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/366550

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子組み換え:

« 道州制にらみ実績着々/北海道新聞040328 | トップページ | ■ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術 »