« そんなに必要な道路なら税金で作るべきという議論(3) | トップページ | そんなに必要な道路なら税金でつくるべきいう議論(1) »

2004.02.19

そんなに必要な道路なら税金でつくるべきいう議論(2)

 公団の高速道路は財投、いわゆる郵便貯金の金を借りて作っている.利用者は料金を払って乗っている.
 公団は料金収入を建設の借入金返済に当てている.
 自動車に乗っているものはすべてその時点で道路整備のお金を各種自動車関係税で払っているのだが、質の高い道路を使う部分は料金をとりますよというわけだ.

しかし、我々がみている高速道路はすべて公団が作っている訳でなく、一般国道の自動車専用道路とか地域高規格道路という、税金で作っている道路もある.それで料金をとっていたりする.
 そのような道路を作る資金は「道路整備特別会計」から拠出されているが、これは先の自動車関係税が財源になっている.これは、いわゆる二重取りというやつではないのか.
 公団の高速道路では拾えない地域、高速道路に早く接続できるように考えられた道路ネットワークだということらしいのだが、すでにこの仕組みができた時点では、プール制の破綻は目に見えており、税金でつくる道路整備の仕組みは考えられていた訳だ.
日本道路公団研究所

|

« そんなに必要な道路なら税金で作るべきという議論(3) | トップページ | そんなに必要な道路なら税金でつくるべきいう議論(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/213748

この記事へのトラックバック一覧です: そんなに必要な道路なら税金でつくるべきいう議論(2):

« そんなに必要な道路なら税金で作るべきという議論(3) | トップページ | そんなに必要な道路なら税金でつくるべきいう議論(1) »