« はるみちゃん、豹変? | トップページ | 本当にあった怖い話。 »

2004.02.19

思考停止VS思考実験

瀬戸大橋を500円玉で通行できるようにしたら
「萬晩報」はいっそ二日間限定で「値下げ」をしてみればおおかたの予想がつくという。
 交通量予測というのは、当たらないようにできている。足りないときは作れるようにゲタを履かせるし、多すぎるときはサービス水準を設定して通れるようにしちゃう。じゃ政治的な思惑を排除して経済社会条件と工学的条件を素直に設定してやれば当たるかというとそう簡単でもない。
 でもまあ道路計画の参考にはなるし、無料道路の場合は新規道路でもない限り、地域の自治体担当者は日々道路を観察しているから、うまく調整できる。
 有料道路の場合は、利用者に料金抵抗とか料金負担力とかというパラメータが加わるから、まあ、近傍に類似した実績でもない限り、「よっしゃ天気もいいし出かけるか?」なーんて心理状態にも影響されるわけで、不確定要素が当てるのは不可能に近い。そもそも生の数字があったところで表に出せるわけがない。要するに机上計算と計画経済の限界ということだ。
 しかし制度はその机上計算をもとに事業を決定することになっているから、事業を決定したい側が考えることは皆同じだ。作り終われば、牛丼屋と違って客がこないといって閉めるわけにもいかず、半永久的に存在し続け、赤字を垂れ流し続ける。
 そもそもが限定された条件で予測しているのであって、客がこない理由は不確定要素だったのだ、と言えば、さして追求されるわけでもない。
 「やってみる」という選択肢は道路に限らず行政には許されなかった。やめる可能性のある事業に予算なんか付けられるわけがないのだ。逆に言えば、どんなに客が来なくても瀬戸大橋を「やめる」わけにはいかないんだから、実験したってバチは当たるまいと思う

|

« はるみちゃん、豹変? | トップページ | 本当にあった怖い話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19542/213711

この記事へのトラックバック一覧です: 思考停止VS思考実験:

« はるみちゃん、豹変? | トップページ | 本当にあった怖い話。 »